« 「クローン大戦2」 | トップページ | 「スターウォーズEP1・ファントム・オブ・メナス」 »

「スターウォーズEP3/シスの復讐」

「スターウォーズEP3/シスの復讐(2005年)」

Ep3 前作『エピソード2』から3年、共和国と分離主義者の戦争は全銀河に拡大し、ジェダイもクローン軍を率いて、各地でドロイド軍と激闘を展開していた。そんな折り、分離主義者の司令官グリーバス将軍がパルパティーン最高議長を拉致する事件が発生し、オビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーが救出に向かう。アナキンの活躍で無事、最高議長の救出に成功したものの、アナキンはジェダイの掟=師匠であるオビ=ワン・ケノービへの忠誠と秘かに結婚し妊娠した妻パドメとの愛、そしてシスの強大なパワーの誘惑との間で悩み苦しんでいた。そしてついには、アナキンはジェダイに反旗を翻し、ダークサイドへと転落、ダース・ベイダーへと変貌を遂げる。シリーズ完結、いまダース・ベイダー誕生の秘密がついに解き明かされる。

WOWOWで26時間スターウォーズDAYというイベントがあり、目玉はハイビジョンのエピソード3でした。劇場でもDVDも堪能済み!そしてハイビジョンではどうかと意気込んで拝見しました。クローン大戦も見ているので予備知識もばっちりです。率直な感想はあまりの映像の美しさに酔ってしまいました^^ スターウォーズが好きなのもありますが、改めてハイビジョンを見ることが出来て本当に良かったと思います。冒頭の戦闘機のシーンクライマックスのアナキンとオビワンの決闘、史上最強の映像美を堪能した思いです。で、話の方ですが、これは第1作のEP3にいかに”とりつなぐ”かが問題であって、話としては「よくぞまとめてつなげたな」と感心したのは劇場で見たときと変わりません。しかし、アナキンがなぜジェダイに対して不信感を抱き、いきなり裏切ってシスの側についたのかが唐突すぎていささか問題があるかと思いますが、補完情報としては、オビワンが「お前の昇格を後押しする」っていうのが、そんなことは全然偉いさんに対してやっていないことをアナキンが気付いていたのが師匠に対する不信感の始まりだと言うことだそうです。映画で見るとただオビワンが「慰めている」だけのような描写だったのが、ほんとうはそのことで師匠に対する疑念がわき、ジェダイに対する完全な不信感につながるということだそうです。でも映画としても最後まであきない名作だとおもいますが私のひいき目でしょうね^^

オススメ度:★★★★☆(嫁にまで手をかけたらアカンよねいくらなんでも、それで死んでしまうんだから・・・パドメ、男を見る目がないなー)

|

« 「クローン大戦2」 | トップページ | 「スターウォーズEP1・ファントム・オブ・メナス」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私もスターウォーズが大好きです。よろしくお願いします。

投稿: dai | 2006年8月11日 (金) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「クローン大戦2」 | トップページ | 「スターウォーズEP1・ファントム・オブ・メナス」 »