« 「機動戦士ZガンダムⅡ 恋人たち」 | トップページ | ブログ再開 »

「機動戦士ZガンダムⅢ 星の鼓動は愛」

「機動戦士ZガンダムⅢ 星の鼓動は愛(2006年)」

Z3 宇宙世紀 0087 年、地球圏の戦乱は混迷を極めていた。連邦軍のエリート組織「ティターンズ」と反地球連邦組織「エゥーゴ」の内戦の最中、エゥーゴを指揮する立場となったクワトロ(シャア)、ティターンズを我が物にしようと目論む“木星帰りの男”シロッコ、そして「ザビ家」復興を掲げるジオン軍残党“アクシズ”の指導者ハマーン・カーン。三つの勢力の地球圏の覇権を賭けた、政略と軍略が絡み合い、戦局は、巨大レーザー砲へと改造されたスペースコロニー、グリプス2を巡る最終局面へと突き進んでいく。
 戦場では、人々の愛情と憎しみが交錯する。エゥーゴを離れ、ティターンズのシロッコの下へ身を寄せる女レコア。シロッコを慕いながらも、エゥーゴのカミーユたちに惹かれる少女サラ。そんな人々の想いを受け止め、Zガンダムは、混迷の戦場を飛ぶ。 そして、ついにカミーユは知る。Zガンダムの持てる力で倒すべきは誰なのかを――。戦火の果てにカミーユを待ち受ける運命は !?

目玉である「新約Z」の真打ちである「ラスト変更」が見られるとあって話題となった作品です。TVではカミーユは主人公にもかかわらず精神に異常をきたしてしまいます。それがまぁなんて健康的なw若いっていいですねぇというラストですw この作品の良いところはティターンズVSエウーゴVSネオジオンという三つどもえが、TVに比べて非常にわかりやすくなっているところです。TVシリーズでの複雑すぎてわかりにくい展開をずっと監督が気にされていたのでしょうか?そこの修正再構成が目立ちましたね。しかし、そのおかげで、カミーユが「出撃しっぱなし」という異常事態になっております、いつ補給しとんねんw あと、ジェリドがもはや”ザコキャラ”に格下げになっているので、あっさり戦艦といっしょに死んでしまってます。今見ても笑えるのは、グリプスに入り込んだクワトロ、シロッコ、ハマーン、カミーユがなぜだか劇場に紛れ込んでしまい、銃を向けあいながらお互いの主張を行うところですねw あのぉ「ここは戦場ですよw」 最後を作り替えて富野監督の気ははれたかもしれませんが、見ている方が解釈に困る「新約」でしたね。

こんかいのブライトは・・・ただのいち艦長でした。むしろヘンケンのほうが目立っているし、ウォンの話を聞きながらパソコンで家族の写真を見ているところがおちゃめではあります。「ここは戦場ですよw」

オススメ度:★★★☆☆(ZガンダムをTVで見たことがあるひとなら)

|

« 「機動戦士ZガンダムⅡ 恋人たち」 | トップページ | ブログ再開 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「機動戦士ZガンダムⅡ 恋人たち」 | トップページ | ブログ再開 »